退職年金のもらい方について、会計事務所に相談をします。もらい方によって、税金のかかり方が変わります。

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
退職年金のもらい方を会計事務所に相談する

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する

退職年金のもらい方を会計事務所に相談する
100万円をもらえるとします。方法としては、その場で一度にもらうという方法と、毎年10万円ずつ10年間もらうという方法があります。今のところ、緊急のお金の用途はありません。ですから、どちらでも良さそうです。
この時毎年の10万円が全く付加されないものなのであれば少し損になります。100万円をもらっておいて、それを定期預金にしておけば良いからです。
通常は、毎年10万円もらうというとき、一定の金利が付加されるのが一般的です。
それがどれくらいになるのかは、支払ってくれるところによって違います。高い金利がつくこともあります。
退職年金をもらうというとき出てくるのが、一時金でもらうか、毎年もらうかです。
毎年もらう場合において、途中で万が一のことがあっても、残額は遺族などに支払われますからトータルで損をするということはありません。毎年もらう場合においては、その分支払いが遅れることになるので、会社に預ける形になります。ですから貰うときには金利がつくことになります。ですから総額で考えると毎年もらうほうが得のように思うことがあります。ただし、その他のことも絡んできますから、単純に考えないようにしたほうが良いです。
この時のために会計事務所に相談します。
なぜかといいますと、税金に関わりがあるからです。
お給料といいますと、もちろん所得税がかかります。給与所得というものです。
では退職金に対してはどうかといいますと、退職所得となって、税金の計算があります。これは一時金に対するものです。
こちらの場合は、退職後の生活の費用となるために、税制の優遇があります。多くの人の場合、ほとんど課税されないように計算されることになっています。一方、毎年もらうという場合、こちらは雑所得となることになります。こちらに関しては公的なものと合算して計算されることになるのですが、場合によっては課税されることが出てくるということです。
そうなるとお金が出ていく可能性があります。

Copyright (C)2016退職年金のもらい方を会計事務所に相談する.All rights reserved.